本文へスキップ

新座市内の家屋の解体工事の費用・料金・価格を坪単価と共に見積書で説明。

家屋の解体工事【新座】

新座市内の家屋の解体工事の費用・料金・価格を坪単価とともに見積書で説明いたしました。新座の平屋・二階建ての家屋から木造家屋・軽量鉄骨まで家屋の解体工事について分かりやすく説明した解体工事業者です。

「参考見積書」 ー 標準的な解体の見積書を掲載

新座の家屋の解体工事の見積書

「自分で見積り」 ー 建物の解体費用を積算できる

新座市内の家屋の解体を自分で見積り 埼玉県新座市内の家屋解体の見積り依頼

新座の家屋の解体工事の流れ

新座市内の家屋解体工事の施工例を写真と流れによって説明いたしました。

家屋の解体工事の着工前【新座】

家屋の解体工事の着工前

25坪の木造の家屋の解体工事の施工例です。家屋の床面積の合計が80㎡以上ですので建設リサイクル法の届出が必要になります。通常、向う三軒・両隣・裏3件の家に御挨拶を済ませ着工になります。付属物としてはベランダ、付帯物としては、ブロック・フェンス、門扉、土間コン、伸縮門扉・樹木です。新座市内の解体工事の見積もりは無料です。


単管パイプの設置

単管パイプの設置

家屋の周りに単管パイプを設置します。短い杭を大ハンマーで打ち込み、それに単管を結束することになります。土中に打ち込むのは簡単ですが、犬走り等、コンクリートが打ってある場合は、それを斫ってからになります。打ち込む段階で、多少音が出ますが、短時間で単管の設置は終わります。


養生シートの設置【新座市内】

養生シートの設置

単管に養生シートを張らせて頂きます。目的は、家屋の解体物の破片等が、現場外へ飛び散らないようにするためです。あくまでも、安全のためであり、埃等を防ぐのは限定的で、散水により埃を防ぎますが、それもある程度、限定的です。


家屋の解体工事1

家屋の解体工事【新座】

内装解体、屋根瓦など家屋の屋根葺き材を人力で撤去処分後、解体重機が搬入され、家屋の本体の解体工事が始まります。上でも申し上げましたが、その折、埃を防ぐために、水道水をかけながら家屋の解体を進めるわけですが、あくまでも限定的な対応にならざるを得ません。ご迷惑をおかけするご近所の方のご理解が必要になります。


家屋の解体工事2

家屋の解体工事【新座】

25坪の家屋の解体ですと、およぞ10日間位で完了となります。家屋の取り壊し自体は、それほど日数を必要とする工事ではありません。しかしながら、分別解体ということが義務つけられておりますので、木は木、鉄は鉄、コンクリートはコンクリートと分けられるものは、別々の車両に積み込まなければなりません。これにかなりの時間がとられます。


家屋の基礎の撤去【新座市内】

家屋の基礎の撤去

上で、分けられるものは分けると申し上げましたが、当然、分けられないものも、解体工事ですので、かなり発生いたします。これは混合廃棄物として処理することになります。混合を撤去後、一度粗掃除をして、家屋の基礎の撤去となります。布基礎でしたら、そのまま機械で掴みあげることも可能ですが、べた基礎の場合、斫ってからの、撤去工事となります。


水道・下水の配管の撤去

家屋回りの配管等の撤去

家屋の周りの水道や下水の配管を撤去します。当然、枡やガス管等の撤去も、同時に行ないます。「探しながら」といいますが、重機の爪を軽く地面に差し込みながら、左右に動かして、地面の浅い部分に何かぶつかる物はないかを見ます。爪に触れましたら、それを撤去します。


家屋の解体工事の完了【新座】

家屋の解体工事の完了

樹木や土間コンクリート、ブロック・フェンス、門扉等を撤去し、整地をして完了になります。お客様のご希望で、一部のブロックフェンスと伸縮門扉、仮設の水道をのこしました。家屋の解体工事完了後、滅失届(解体証明書)・印鑑証明書・会社証明書の三点を無料で発行いたしますので、1か月以内に法務局への届け出をお願いいたします。新座での解体工事のご予定がございましたらニッケンにお任せ下さい。


* 埼玉県新座市内で家屋を解体するご予定がございましたら、お気軽にお電話下さい。お見積りは無料です!!また、予算取りの為に家屋の解体費用・坪単価・料金・相場等を知りたい場合は、上記の『自分で見積り』をご利用なさって下さい。機械解体・4T車への積み込みが可能な解体現場であれば、凡その新座での金額が分かることと思います。

※ 新座家屋解体工事の費用は、工事エリアにより多少異なります、ご了承下さい。見積り無料!!

※※ 重量鉄骨や発泡コンクリートの家屋解体は現場状況により大きく異なります。

埼玉県新座市内のその他の工事

造成工事 舗装工事 外構工事