本文へスキップ

火事・火災現場の解体工事の費用・坪単価・相場が分かる

電話でのお問い合わせは049-298-6189

火事・火災現場の解体工事の施工例と費用kazi/kasai

火事・火災現場の解体工事の解体費用・坪単価・相場および施工例・・火事火災に罹災した家や住宅・家屋など建物の解体工事の料金・価格を見積書でご紹介 ・・・空き家の解体工事もお任せ下さい。見積もりは無料です!!

火事・火災に罹災した解体工事の流れ

火事・火災に罹災した解体工事の施工例を写真と流れで説明。この写真例の場合は木造二課建てですが、軽量鉄骨・重量鉄骨の平屋や三階建ての家の場合も、流れとしては大きく変わりません。しかし、坪当たりの進み具合(進捗率)という点では、2階建て木造の家が一番早く、三階、平屋となり、同様に構造別では、木造、軽量、重量鉄骨という順になります。

火事・火災現場の解体工事の着工前

火事・火災現場の解体工事の着工前

34坪の火災(道路新設工事による買収)に伴う木造の家の解体工事の施工例です。家の床面積の合計が80㎡以上ですので建設リサイクル法の届出が必要になります(全焼は除く)。火災現場のほとんどは半焼の状況です。しかし、煙が回ってしまうか、鎮火の際の水を浴びてしまうので、全解体を依頼される場合が多いです。通常、向う三軒・両隣・裏3件の家に御挨拶を済ませ着工になります。付属物としてはベランダ、付帯物としては、ブロック、土間コン、樹木です。


火災内部の状況

火災内部の状況

左の上の写真は、外壁・柱、間仕切りは、ある程度は罹災は免れたものの、内部の生活用品はほぼ、半焼の状態で、全ての物が、水浸しになってしまっております。下の写真は屋根が崩れ落ち、内部の生活用品はほぼ全焼で、安全・罹災状況確認の為、ある程度左右に焼却物が除けられております


室内の燃えたゴミの撤去・処分

室内の燃えたゴミの撤去・処分

室内の燃えてしまったゴミ、焦げてしまったゴミ、消火時に水を被ってしまったゴミの処分をします。これは、普通の室内ゴミに比べて、引き受け先の問題もあり、割高になります。


養生シート

養生シート

まず、単管を設置、養生シートで建物を囲みますが、これは、埃等を防ぐためのものではなく、火事現場から、木片などが敷地外に散らばらないようにするのが目的です。


火事・火災現場の解体工事1

火事・火災現場の解体工事1

解体工事自体は、普通の解体工事となんら変わりませんが、罹災現場の為か、必ずと言っていいほど、ご近所からのご質問や励ましのような言葉が多いように思われます。


火事・火災現場のの解体工事2

火事・火災現場のの解体工事2

火災現場の第二の特徴は、火災後の臭いと粉塵のようなもの(申し訳ありませんがシート防げるものではありません)多少、余分に感じます。


室外の燃えたゴミの撤去・処分

室外の燃えたゴミの撤去・処分

建物の解体終了後、室外の焼けたゴミや、水を被ってしまったゴミの処分を行います。通常、ゴミは、解体前に処分するものですが、場合によっては、安全上取り出せないゴミ等が発生しますので、建物解体後に処分をすることになりました。


建物の基礎の撤去・処分

建物の基礎の撤去・処分

建物の上物、ゴミが片付きましたら、コンクリート基礎の撤去となります。この時、建物の廃材等を、大まかに、ある程度片付けておかないと、下の土と廃材は混ざってしまいます。


付帯の撤去処分

付帯の撤去処分

建物の解体・基礎の撤去が終割りましたら、外構や駐車場の土間コンクリートを取り壊し撤去します


整地工事

整地工事

全ての解体工事が終わりましたら、現場を整地しますが、場所や時期によっては、放水の水でうまく整地出来ない場所も時にあります。その場合は、粗整地となりますが、ご了承ください。


火事・火災現場の解体工事の完了

火事・火災現場の解体工事の完了

整地工事が完了しましたら、解体工事の完了となります。建物の解体工事完了後、滅失届(解体証明書)・印鑑証明書・会社証明書の三点を無料で発行いたしますので、1か月以内に法務局への届け出をお願いいたします。


34坪の罹災による解体工事の見積書【標準的な付帯費用も合わせて掲載】

火事・火災に罹災した解体工事の費用・坪単価・料金を見積書により説明いたしました。重機による解体が可能で、4トン車への積み込みが遅滞なく行われる状況であれば、あくまでも相場としてですが、下記のような料金になると思われます。

工            種 詳 細 ・ 特 記 事 項 数 量 単位 単 価 金  額
《仮設工事》          
解体物養生(防災シート) 木造住宅 170 m2 450 76500
重機運搬費   1 39000 39000
           
《解体工事》          
木造の家屋の解体工事 家の解体・積み込み 34 15000 510000
同運搬・リサイクル費用 4T車使用可 34 12000 408000
焼却坪数追加分   8 20000 160000
軽量鉄骨の家屋の解体工事 家の解体・積み込み 0 16000 0
同運搬・リサイクル費用 4T車使用可 0 13000 0
           
《家屋の付属物撤去処分》          
ベランダ撤去処分   6 m2 2800 16800
           
《家屋の附帯構造物解体工事》          
土間コンクリート撤去処分   13 m2 1500 19500
ブロック塀撤去処分(CB)   14 m2 1800 14400
フェンス撤去処分   8 500 4000
樹木伐採・抜根処分 機械積み込み 4 m3 10000 20000
焼却ゴミ処分   8 m3 18000 144000
門扉撤去処分 アルミ 1 1000 1000
カーポート撤去処分 アルミ 1 3000 3000
           
《行政・官庁への届出》          
リサイクル法の届出費用 住宅が80㎡以上の場合 1 8000 8000
           
小計         1424200
           
《整地工事》   5 1424200 71210
           
経費   5 1495410 74770
           
合計         1570180
改め         1570000

2014年6月25日現在 【物価変動により多少の増減があります】

※※ 重量鉄骨や発泡コンクリートの建物の解体は現場状況により大きく異なります。

* 火災による解体が必要になりましたら、お気軽にお電話下さい。お見積りは無料です!!また、突然の火災による解体費用・坪単価・料金・相場等が必要な場合は、下記の『自分で見積り』をご利用なさって下さい。機械解体・4T車への積み込みが可能な解体現場であれば、凡その金額が分かることと思います。

※ 火災による解体工事の費用を、より詳く知りたい場合は、下記をクリックしてください。見積り無料!!


罹災した現場の解体工事エリア

「参考見積書」 ー 標準的な解体の見積書を掲載

解体工事の見積書

「自分で見積り」 ー 建物の解体費用を積算できる

自分で見積り

その他の工事

造成工事 舗装工事 外構工事