本文へスキップ

届出が必要な建設工事(対象建設工事)

電話でのお問い合わせは049-298-6189

メールでのお問い合わせはこちら

届出が必要な建設工事(対象建設工事) - 解体工事の届出todokede

解体工事の費用・料金・単価が分かる

解体工事の参考見積書
解体工事『自分で見積り』
メールでお見積りのご依頼

基本的なことを申しますと、80uを超える家や住宅、家屋などの建物を解体するには、行政に工事の届出が必要となります。これは建設リサイクル法に基づく届け出で、許可を得ることが法に定められております。一般的には解体工事の届出と言われております。また、解体終了後には、建物がなくなったことを、これも行政に届け出なければなりません。書式にはいろいろありますが、建物滅失届・家屋滅失届けなどがありますが、これは一般的に解体証明と言われているものです。尚、当社の場合、解体の届出費用は有料(解体工事の参考見積書に記載)ですが、解体証明および添付資料に関しては無料で発行しております。

解体工事の届出(建設リサイクル法)および解体証明書(建物滅失届・家屋滅失届け)

建設リサイクル法の工事届出の手引き

混ぜればゴミ、分ければ資源。みんなで築こう資源循環型社会。

届出が必要な建設工事(対象建設工事)

建設リサイクル法に基づき、事前に届出が必要になる工事(以下、「対象建設工事」といいます。)は(1)の特定建設資材を使用した建築物等の解体工事等又はその施工に特定建設資材を使用する新築工事等であって(2)の規模の基準以上の建設工事です。対象建設工事の発注者または対象建設工事を自ら施工する者は工事着手の7日前までに都道府県知事等に届け出なければなりません。対象建設工事の受注者には、特定建設資材の分別解体等の実施と特定建設資材廃棄物の再資源化等の実施は義務付けられています。また、対象建設工事を自ら施工する間のにも特定建設資材の分別解体等が義務付けられています。

目次へ戻る→

その他の工事

解体工事に伴う造成工事・舗装工事・外構工事も合わせて請け負っております。お気軽にお問合せ下さい。

造成工事 舗装工事 外構工事