本文へスキップ

届出書類記入上の留意事項

解体工事の届出および解体証明書todokede

基本的なことを申しますと、80㎡を超える家や住宅、家屋などの建物を解体するには、行政に工事の届出が必要となります。これは建設リサイクル法に基づく届け出で、許可を得ることが法に定められております。一般的には解体工事の届出と言われております。また、解体終了後には、建物がなくなったことを、これも行政に届け出なければなりません。書式にはいろいろありますが、建物滅失届・家屋滅失届けなどがありますが、これは一般的に解体証明と言われているものです。尚、当社の場合、解体の届出費用は有料(解体工事の参考見積書に記載)ですが、解体証明および添付資料に関しては無料で発行しております。

「参考見積書」 ー 標準的な解体の見積書を掲載

解体工事の見積書

「自分で見積り」 ー 建物の解体費用を積算できる

自分で見積り 見積り依頼

届出書類記入上の留意事項

建設リサイクル法の工事届出の手引き

混ぜればゴミ、分ければ資源。みんなで築こう資源循環型社会。

届出書類記入上の留意事項

届出書類の記入は黒又は青色のペン又はボールペンを使用し、楷書で丁寧に記入してください。なお、パーソナルコンピュータ等を使用して日本語入力ソフトにより入力の上、紙に出力したものであっても差し支えありません。この場合、字の大きさが多少異なったりしても、内容が届出書等の様式と異ならなければ支障ありません。

記載事項を訂正する場合は、訂正箇所を二本線で抹消し、押印して訂正後の事項を余白部分にはっきりと記入してください。

所定の記入欄に記載しきれない場合は、「別紙のとおり」と記載した上で、必要事項を記載した別紙を添付しても差し支えありませんが、この場合、別紙に記載された内容が届出書のどの部分に当たるのか明確になるよう注意してください。

  記入に当たっては項目ごとの添え書きにも注意してください。

目次

概要

届出が必要な建設工事(対象建設工事)

(1)特定建設資材

(2)工事の規模

届出のしくみと内容

(1)届出書類

(2)届出書類の綴り方

(3)届出手続きの流れ

届出等手続きの内容

(4)届け出届出手続きの流れが必要な建設工事

(5)届出部数

(6)届出書の提出先

変更の届出

(1)変更の届出

(2)変更届出書類

(3)変更届出書類の綴り方

その他

分別解体等の計画等(別表)における石綿の記載方法

建築リサイクル法届出済シールの交付について

再資源化等に関する措置の要求

行政庁における業務分担

解体工事業の登録及び建設業の許可等

届出書類記入上の留意事項

届出書等様式集

(1)法定様式

・届出書(様式第一号)【記入例】

・様式第一号別表1(建築物に係る解体工事)【記入例】

・様式第二号別表2(建築物に係る新築工事等、新築・増築・修繕・模様替)【記入例】

・様式第二号別表3(建築物以外のものに係る解体工事又は新築工事【土木工事等】)【記入例】

(2)参考様式

・工程表 (建築物に係る解体工事の場合)【記入例】

・設計図又は写真(台紙)【記入例】

・案内図(台紙)【記入例】

・委任状【記入例】

・法第13条及び省令第4条に基づく書面

・説明書

・告知書

・再資源化等報告書 ・別紙

解体証明書(家屋滅失届)

家屋滅失届

* 家や住宅・家屋・アパートなど建物を解体するご予定がございましたら、お気軽にお電話下さい。お見積りは無料です!!また、予算取りの為に家の解体費用・坪単価・料金等を知りたい場合は、下記の『自分で見積り』をご利用なさって下さい。機械解体・4T車への積み込みが可能な現場であれば、凡その相場が分かることと思います。

※ 解体工事の費用を、より詳く知りたい場合は、下記をクリックしてください。見積り無料!!

その他の工事

造成工事 舗装工事 外構工事