本文へスキップ

35坪の木造・二階建て店舗の解体工事の流れ【東京】

電話でのお問い合わせは049-298-6189

メールでのお問い合わせはこちら

店舗の解体工事の施工例【東京エリア】

解体工事の費用・料金・単価が分かる

解体工事の参考見積書
解体工事『自分で見積り』
メールでお見積りのご依頼

東京の店舗の解体工事の施工例(35坪 - 約114平米・115平米・116平米)

店舗の解体工事の施工例を写真と説明文で紹介いたしましました。東京都内の木造・軽量鉄骨、平屋・二階建てと構造や形状に種々ありますが、おおよその店舗の解体工事は下記のような流れになります。

東京の店舗の解体工事の着工前

店舗の解体工事の着工前

木造・瓦葺・布基礎の店舗の解体工事です。35坪(約114u・115u・116u)の二階建ての店舗併用住宅で、付属物撤去処分としてパラペット、附帯構造物として土間コンクリート、瓦礫の撤去処分があり。工期は12日間でした。


東京都内の単管パイプの設置

単管パイプの設置

既に店舗前は道路幅員の拡張工事が完了している場所で、建物のすぐ脇が道路のアスファルトになってしる現場です。復旧が条件で、役所の許可をいただき、アスファルトを穿って、単管パイプを立てることになりました。


東京都内の養生シートの設置

防災シートの設置

養生シートの設置となります。あくまでも、防災が目的で、防塵は主目的ではありません。やはり、シートでは、埃を防ぐには限りがあります。店舗の解体工事中に、廃材などの木っ端が飛散して、歩行者や近隣の建物を傷つけないように、防災シートを施します。


東京の屋根瓦の撤去

屋根瓦の撤去

この現場は、看板建築であるため、まず、パラペットの一部を人力で撤去することから始まりました。屋根ふき材の瓦を、人力で一枚ずつはがし、瓦撤去完了と同時に、機械の搬入となります。


東京都内の店舗の解体工事1

店舗の解体工事【東京】

本体の解体工事となります。手前から喰い始め、奥へと進んで行きます。安全を考え、道路際の壁は最後に取ることにしました。木は木、鉄は鉄と分別をされながら、店舗の解体工事は進みます。


東京都内の店舗の解体工事2

店舗の解体工事【東京】

躯体の解体の殆どが終了したところで、道路際の壁の撤去となりました。店舗本体の解体工事が終了しましたら、基礎の撤去工事となります。


東京の基礎・配管等の撤去

基礎・配管等の撤去

建物回りにあった、ガス管や上下水道の配管の撤去処分をして解体工事の終了となります。この現場は違いましたが、店舗併用住宅の場合、べた基礎の場合が多いので、可能であれば、前もって図面等の確認をお願いいたします。


東京都内の店舗の解体工事の完了

店舗の解体工事の完了

建物解体終了後、整地工事をして、二階建て店舗の解体工事の終了となります。解体工事完了後、滅失届(解体証明書)・印鑑証明書・会社証明書の三点を無料で発行いたします。東京都内の解体工事はお任せ下さい。

 
  

※ 空き家を取り壊したい、新築に建て替えるので今の店舗を解体したい、区画整理により移転しなければならい等、東京の平屋、二階建て、三階建ての建物の解体工事・整地工事はニッケンにお任せ下さい。

※※ 東京都内の家や住宅・家屋など木造や軽量鉄骨の解体工事の見積もりは無料です。お気軽にお問合せ下さい。

※※※ 室内のゴミや残置物も安く安価に処分させて頂きますので、ご安心ください。

  

その他の工事

解体工事に伴う造成工事・舗装工事・外構工事も合わせて請け負っております。お気軽にお問合せ下さい。

造成工事 舗装工事 外構工事