本文へスキップ

大平町内の住宅の解体工事の費用・料金・価格を坪単価と共に見積書で説明。

住宅の解体工事【大平】

大平住宅の解体工事の費用・料金・価格を坪単価とともに見積書で説明いたしました。栃木県大平町内の平屋・二階建ての住宅から木造住宅・軽量鉄骨まで住宅の解体工事について分かりやすく説明した解体工事業者です。

「参考見積書」 ー 標準的な解体の見積書を掲載

大平の住宅の解体工事の見積書

「自分で見積り」 ー 建物の解体費用を積算できる

大平町内の住宅の解体を自分で見積り 栃木県県大平町内の住宅解体の見積り依頼

大平町内の住宅の解体工事の流れ

大平住宅解体工事の施工例を写真と流れによって説明いたしました。

住宅の解体工事の着工前【大平町】

住宅の解体工事の着工前

28坪の木造の住宅の解体工事の施工例です。住宅の床面積の合計が80㎡以上ですので建設リサイクル法の届出が必要になります。通常、向う三軒・両隣・裏3件の家に御挨拶を済ませ着工になります。付帯物としては、大谷石、門扉、土間コン、樹木です。


作業場所の確保

作業場所の確保

この例では、大谷石撤去し、樹木を処分して、作業場のスペースを確保する流れから入ります。このような、ある程度広い庭がある住宅の解体は、道路に機械を据えることなく、庭から解体をして、その後、機械を潰した住宅の上にあげる段取りになります。


養生シートの設置や瓦の撤去【大平町】

養生シートの設置や瓦の撤去

住宅の回りを養生シートで囲い、瓦などの屋根ふき材を人力で撤去します。この現場は、隣地の境界ブロックがあるため、足場の杭を打ち込むことができず、解体する住宅に縛るような形の、少し変則的なシートの張り方となりました。狭い場所では、人も入れず、足場をせっちできない場所も少なくありません。


木造住宅の解体1

木造住宅の解体【大平】

重機による住宅の解体となります。道路に運搬車両を止め、庭を使って分別作業を進めることになりました。28坪の住宅の解体は、その付帯や付属物にもよりますが、10日から2週間程度を、工期として頂くことになります。


木造住宅の解体2

木造住宅の解体【大平】

木・瓦・畳・金属・コンクリートその他などと分けられながら、住宅の解体工事は進みます。少し、築年数が経っている建物でしたので、普通より埃がたつ現場でした。水道水を散水しながら工事は進められたのですが、散水には限りがあります。雨の中の解体が一番、近隣にご迷惑をかけないのが実際です。


産業廃棄物の処理・処分

産業廃棄物の処理・処分

左記のように分別された物ごとに、ダンプ・トラックに分けられ、各処理場へ運ばれる流れとなります。昔の解体なら数日で終わってしまったものも、分別により数倍時間がとられるようになりました。木、コンクリート、金属などは、一種類、一台の運搬となります。


分別解体【大平町】

分別解体

左記のように、木造の住宅の解体の場合であれば、大きさに合わせて、木も分類されます。空気を多く運ばないためですが、すべての現場で、このような分別ができるわけではありません。工期や安全等を考えながら、出来る範囲で選り分けたいものです。


混合の処理・基礎の撤去処分

混合の処理・基礎の撤去処分

いくら分けても最後までは分けられません。ある程度のところで、混合廃棄物として処分することとなります。持参した箱状のものや袋に、機会と人力を併用して混合を片付け、その後、基礎の撤去をします。


配管等や外構の撤去【大平町】

配管等や外構の撤去

基礎の撤去と同時進行で、水道・下水などの配管・管理升等を取り除きます。その後、外構の撤去ということになりますが、この住宅の解体例では、大谷石の処分、土間コンクリート、樹木の伐採・伐根が主な付帯の解体なりました。


住宅の解体工事の完了

住宅の解体工事の完了

整地工事をして、住宅の解体工事は終わります。住宅の解体工事完了後、滅失届(解体証明書)・印鑑証明書・会社証明書の三点を無料で発行いたしますので、1か月以内に法務局への届け出をお願いいたします。大平町内の住宅の解体工事はお任せ下さい。


* 栃木県大平町内で住宅を解体するご予定がございましたら、お気軽にお電話下さい。お見積りは無料です!!また、予算取りの為に住宅の解体費用・坪単価・料金・相場等を知りたい場合は、上記の『自分で見積り』をご利用なさって下さい。機械解体・4T車への積み込みが可能な解体現場であれば、凡その大平での金額が分かることと思います。

※ 住宅解体工事の費用は、工事エリアにより多少異なります、ご了承下さい。見積り無料!!

※※ 大平の重量鉄骨や発泡コンクリートの住宅解体は現場状況により大きく異なります。

栃木県大平町内のその他の工事

造成工事 舗装工事 外構工事